DEEPの歴史


申し訳ございません。
現在工事中です。。

開始から第6回大会までは、パンクラスなどの協力で、独立独歩のメジャー指向で大会場での興行を打っていた。プロレスラーも積極的に参戦させ、和田良覚レフェリーの試合を組むなど話題性のあるマッチメイクから「格闘技のおもちゃ箱」とも称されていた。しかし、勝負を賭けた田村潔司vs美濃輪育久をメインにした2002年9月7日の第6回大会の失敗で、興行規模を縮小を余儀なくされる。 2003年9月にドリームステージエンターテインメントがPRIDE武士道シリーズを開始すると、DEEP代表の佐伯と業務提携を行い、DEEPはPRIDEの下部組織的な位置づけとなる。以後のDEEPは、日本人の中・軽量級の選手を中心に、後楽園ホール規模の会場で大会を開催するようになり、客層は選手の応援団や格闘技マニアが中心となった。 当初は大阪プロレスの村浜武洋やルチャドール(メキシカンスタイルのプロレスラー)を登場させ、パンクラスから選手を派遣してもらっていたが、やがて桜井速人や桜井隆多、須田匡昇、中尾受太郎など修斗のリングに上がらなくなった選手たちの受け皿となり、パンクラスを離れた美濃輪育久やGRABAKAの選手たちの活躍の舞台となった。その後はDEEPで育つ中・軽量級の選手が増加している。中でも長南亮はDEEPから出発して、PRIDE武士道の常連となった代表的な選手である。 2003年7月13日の第11回大会から女子選手の試合も組み込むようになり、2004年から参戦したしなしさとこの主戦場になった。 現在は主なイベントとして「DEEP IMPACT」、「CLUB DEEP」などを開催している。2007年には、グラップリング大会の「DEEP X」、キックボクシングやエンタテインメントを融合した「DEEP GLOVE」などの新シリーズを開始した。その他のシリーズに「おやじDEEP」「DEEP HERO」などがある。 2007年大晦日に開催された「やれんのか! 大晦日! 2007」にも参加し、2008年に同実行委員会が中心となって旗揚げされた「DREAM」とも協力体制を採っている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加齢臭 わきが リンパマッサージ パチンコ 無料攻略法


人のコンプレックスはいろいろありますよね。腋がクサいなどの体臭の悩み・口がドブ臭いなどの口臭の悩み、体臭や口臭のニオイで悩んでいる人も多くいると思います。しかし体臭や口臭は改善できるコンプレックスなので、諦めるのはまだ早いです。病院などに行って治すのもいいのですが、お金がすごい掛かってしまいます。オススメなのがサプリメントです。1袋1か月分で数千円なので、費用が病院よりはかかりません。まずはサプリから始めてみてはいかがでしょうか?